ある程度英語力が無いと留学しても苦労する

 

 

「英語を話せるようになりたければ英語圏に留学すればいいじゃん」と軽く考えているあなた!!もし英語が全然話せない状態だとしたら留学費用を無駄にしてしまうかもしれませんよ。

留学すれば一日中英語を話す環境に身をおくわけですから当然英語力が上がると思っているのであれば、それは間違いです。

何も勉強せずにただその国にいるだけで英語力が上がることはありえません。

過去にそれで失敗してきた方をたくさんみてきました。

もし、あなたが留学したいのであれば、まずは日本である程度英語力をつけてから留学することをおすすめしておきます。

※当然留学中も毎日必死で勉強しないと意味がありませんので、日本にいる時だけではありません。

どれ位の英語力をつければいいのかと聞かれると、出来る限りとお応えしておきます。

それはなぜかと言うと、英語は中級ぐらいから急カーブを描くように一気に上達し始めます。

それまでは全く英語力の伸びを感じなかった方も、中級ぐらいを境に英語力の伸びを実感するのでさらに英語力が上がっていきます。

留学も全く同じです。

何も英語が話せない方が留学しても吸収力が少ないので、中級レベルになってから留学した人とは天と地ほどの差gが出るでしょう。

また、留学は短期~中期が多いと思うので、中級になるまでの期間分留学費用を得することになります。

逆に何も勉強していかなかった人を留学費用をその分損するどころか、最悪は何も出来ずに帰国なんてことにもなりかねません。

留学で英語が出来るなった方は例外なく日本でも、現地でも英語の勉強をしています。

勉強しなかった人は、仮に現地である程度英語が話せるようになったとしても帰国後英語が離せなくなってしまう人が本当に多いです。

留学前の準備には是非、自分自身の英語力強化を入れておいてください。